登園登校出席停止の目安

感染症の名前 登校・登園の目安 潜伏期間 医師の許可
インフルエンザ 発病した後5日を過ぎて、かつ解熱した後2日(幼児の場合は3日)を経過してから 1~4日
(平均2日)
不要
溶連菌感染症 抗菌薬の内服後24時間を過ぎてから 2~5日 不要
マイコプラズマ肺炎 発熱や激しい咳が治まってから 主に
2~3週間
不要
百日咳 特有の咳が消えてから、または適正な抗菌薬による5日間の治療が終わってから 7~10日 必要
RSウイルス
感染症
熱が下がり、鼻水・せきなどが消えて、全身状態が良くなってから 4~6日 不要
ウイルス性
胃腸炎

(ノロウイルス、ロタウイルス
など)
嘔吐・下痢などが消えて、かつ普段通りの食事が摂れてから ノロウイルス(12~48時間)
ロタウイルス(1~3日)
不要
水痘
(水ぼうそう)
すべての発疹がかさぶたになってから 14~16日 必要
帯状疱疹 すべての発疹がかさぶたになってから
(小学生以上は衣服などで覆われていれば登校可)
(不定) 不要
流行性耳下腺炎
(おたふくかぜ)
頬などの痛みや腫れが出てから5日を過ぎ、かつ全身状態が良くなってから 16~18日 必要
伝染性紅斑
(リンゴ病)
発疹の有無に関係なく全身状態が良くなってから(頬が赤いのは治ったサインです) 4~14日 不要
麻疹(はしか) 解熱後3日を過ぎてから 8~12日 必要
風疹 発疹が消えてから 16~18日 必要
咽頭結膜熱
(プール熱)
発疹やのどの痛み、結膜炎などの主な症状が消えた後2日を過ぎてから 2~14日 必要
流行性角結膜炎 結膜炎の症状が消えて、医師により感染の恐れがないと認められてから 2~14日 必要
ヘルパンギーナ 発熱がなく、かつ口の中の水疱・潰瘍の影響がなく普段通りの食事が摂れてから 3~6日 不要
手足口病 発熱がなく、かつ口の中の水疱・潰瘍の影響がなく普段通りの食事が摂れてから 3~6日 不要
突発性発疹 熱が下がり、発疹がなく、全身状態が良くなってから 9~10日 不要
結核 医師により感染のおそれがないと認められてから 平均
6ヶ月~2年
必要

2020年5月時点

 

出席停止期間の算定の考え方

「○○した後△日を経過してから(過ぎてから)」とした場合は、「○○」という現象が見られた日をゼロ日目、翌日を第1日として算定します。
登園・登校をしてよいのは、△日経過をした翌日になります。

(例)「解熱後2日を経過してから」の場合

月曜日に解熱した場合、この間に発熱がない場合は木曜日から登校が可能です

(参考)長野県教育委員会 学校における感染症発生時の対応
https://www.pref.nagano.lg.jp/kyoiku/hokenko/hoken/hoken/documents/leaflet.pdf

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。