嘔吐・下痢

!ポイント

「水分補給をして、脱水症状に気をつけましょう」

 

【受診の判断目安】

救急車を呼ぶ

・強い頭痛を伴ったり、頭を強く打った後

・けいれんを伴ったり、意識がぼんやりしている

すぐに
医療機関を受診

・強い腹痛が続く

・お腹がパンパンに膨れている

・緑色の胃液や血液を吐いた、血便が出た

診療時間内に受診

・嘔吐が続いて、水分がとれない

・尿の量が少ない、 舌や唇が乾く

経過観察

・吐き気がおさまった後に、水分が取れている

・発熱もなく、機嫌がよい

 

病院で伝えること

項目
• 症状がいつから始まったか
• 嘔吐の回数、最後に吐いた時間
• 排便の有無と回数、硬さ、色、血液の有無など
• お腹の痛む場所、痛み方(波があるか、続いているか)
• 熱があるか
• 尿が出ているか
• 周りに同じような症状の人がいるか
• 生ものなど直近1週間以内の気になる食べ物

 

対処

①水分補給のポイント

 ※吐いた直後に飲ませると、また嘔吐してしまうことが多いため、少し時間をあける
 ※最初は少量の水分からためして、徐々に増やしていく

◆嘔吐した後は30分程度時間をあける
◆量は大さじスプーン1杯分(15ml)からにする
◆飲んでも吐かなければ、5分ほどの間隔で徐々に一回量を増やしていく
◆それでも吐いてしまったら、30分ほど休んでから同じように試す

◆市販のOS-1(経口補水液)、白湯などがおすすめ
嫌がる場合はりんごをすりおろした汁やお味噌汁の上澄みなど
◆吐き気の強い時にはお薬も無理に飲ませずに、落ち着いてから内服する

ー 自作の経口補水液の作り方

市販されている経口補水液のほかにも、ご自宅で手軽に作ることもできます。

〇お役立ち情報ー経口補水液の作り方

 

赤ちゃんの場合はどうする!?

母乳の場合には量を制限せずに与えてOKです(母乳には腸の粘膜を保護する作用があるため)。
ミルクの場合はいつもより少なめにします

◆飲んで嘔吐しなければ少量ずつ5分おきに与える
それでも吐いてしまったら30分ほど休んでから同じように試す

◆嘔吐が止まって2、3時間嘔吐がなければ50〜100mlずつ水分を与えてみます

 

×水分補給に向かないもの

(消化器官に負担がかかります)

• 冷たいもの
• 牛乳
• 乳酸飲料
• 炭酸飲料
• 柑橘系のジュース

 

〇嘔吐の場合、水分をとっても吐かなくなったのを確認して、その後に消化の良い食事を始めましょう。

〇下痢の場合も下痢がおさまるまで、1回の食事量は少なくして、4~6回くらいに分けて与え、腸の負担を軽くします。
便の様子を見ながら消化のよい食べ物を選びます。

時折、水分や食事をすると胃腸が刺激されて、下痢が出てしまうから嫌だと飲食を我慢する方がいますが、脱水の危険性が高くなります。
吐き気のない場合には、下痢として出た分を、口から水分や食事で補うという発想に切り替えてください。

消化の良いもの

消化の悪いもの

《水分》
湯冷まし、薄い番茶、重湯
野菜スープ(スープのみ)
リンゴをすりおろした汁(かすは除く)
イオン水(市販のスポーツドリンク)
《食べ物》
おかゆ(おじや)、
柔らかく煮たうどん、そうめん
煮物(人参・かぶ・大根・ほうれん草・
カリフラワー・キャベツ)
薄い味噌汁、
ジャガイモの裏ごし、鶏のささみ、とうふ
白身魚(たい・かれい・ひらめ・アジ・
すずき・とびうお)
おこさませんべい、たまごボーロ
ウエハース、繊維の入っていないゼリー
《冷たいもの・刺激の強いもの》
涼飲料水、アイスクリーム、
牛乳、コーヒー、香辛料
《脂肪の多いもの》
揚げ物、バター、肉、卵
脂肪の多い魚、粉ミルク
《繊維の多いもの》
芋、ごぼう、わらび、ぜんまい、海藻、みかん、菜っ葉、豆類
《甘さの多いもの》
カステラ、プリン、お菓子、
加糖ヨーグルト、果実、ジュース


注意
:スポーツ飲料も水分補給には良いですが、糖分が多いために下痢が悪化することがあります。

 

②ウイルスによる嘔吐・下痢の場合

嘔吐したものを処理する際には、感染対策を行って適切に処理しましょう。

また、下痢が治まった後も、1~2週間ほど便からウイルスが排出されている場合があります。
トイレの後やおむつ替えの後などは、石鹸を使った手洗いを徹底しましょう。

 

③夜間などで対処や判断に迷った場合

19時~翌朝8時までの間は、長野県小児救急電話相談を利用できます。
小児科医の支援体制のもと、看護師や保健師等が相談に応じます。

●長野県小児救急電話相談  #8000(局番なし)
https://www.pref.nagano.lg.jp/hoken-shippei/sodan/shonikyukyu.html


参考:病気の基礎知識 急性胃腸炎

:健康のススメ 消化のよいもの(胃腸の調子が悪い時の食事)

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。