心肺蘇生法

!ポイント

10秒以内に「2回の人工呼吸」、その後「胸骨圧迫を30回」の組み合わせを、救急隊が到着するまで繰り返す

呼吸や心臓が止まった時には、心肺蘇生法による救命手当が必要です。

心肺蘇生法の4ステップ
①胸骨圧迫

②気道確保

③人工呼吸

④AED(自動体外式除細動器)

①胸骨圧迫(=心臓マッサージ)

ポイントは”強く・速く・絶え間なく

松本市、松本市医師会 「お子さんが急病になったとき2021年度版」 より引用

②気道確保(空気の通り道を作る)

口の中に嘔吐したものが詰まっていたらかき出します。

片手をおでこに当てて、片手であご先を持ち上げる

松本市、松本市医師会 「お子さんが急病になったとき2021年度版」 より引用

✔チェック

普段通りの呼吸をしているか

胸が上がったり下がったりしているか

③人工呼吸

松本市、松本市医師会 「お子さんが急病になったとき2021年度版」 より引用

胸が上がっているかを観察しながら息を吹き込みます。

人工呼吸2回がすんだら、すぐに胸骨圧迫30回を開始して、絶え間なく繰り返します。

人工呼吸に抵抗感がある際には、無理に行わずに、胸骨圧迫だけでも、しっかりと続けてください。

④AED(自動体外式除細動器)

AEDの使い方を参照

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。