ドケルバン病
(狭窄性腱鞘炎)

信州大学医学部 整形外科(運動機能学教室) 監修

どんな病気

狭窄性腱鞘炎(きょうさくせいけんしょうえん)とは、
腱と腱鞘という腱を包む鞘(さや)に起こった炎症の総称です。

腱鞘の部分で炎症が起こると、腱の動きがスムーズでなくなり、痛みや腫れが生じます。

特に手首の母指側にある腱鞘(手背第一コンパートメント)と
そこを通過する腱に炎症が起こった状態を、ドケルバン病と呼びます。

日本整形外科学会ホームページ 」より引用

原因

同じ動作を繰り返すことで使いすぎによって、負担がかかり続けて起こります。
特に手首を曲げながら親指を動かす動作が負担がかかります。

・家事や仕事、スポーツなどで手をよく使う
・パソコン、スマートフォン、書き物、ピアノ、工芸など

妊娠出産期の女性や更年期の女性は、親指や手首を酷使していなくても、起こる場合があります。

症状

・手首の母指側の腫れと痛み(瞬間的に痛みが走る)
・母指をうまく動かせない

検査

視診、触診
腫れや痛みの程度をみます。

フィンケルシュタインテスト変法(アイヒホッフテスト)
母指と一緒に手首を小指側に曲げると痛みがいっそう強くなることで診断します。

フィンケルシュタインテスト
母指を小指側に曲げる(引っぱる)ときに痛みが強くなることで診断します。

日本整形外科学会ホームページ 」より引用


X線検査、超音波検査
骨に異常がないか等を調べます。

治療

安静にする
手首に負担をかけないことが大切です。
なるべく使わない、テーピングやサポーターなどで補強します。

薬物療法
炎症や痛みを抑える内服薬や貼付剤を処方します。

腱鞘内ステロイド注射
痛みが強い場合に行います。

手術療法
改善しないときや再発を繰り返す場合は、腱鞘の鞘を開く腱鞘切開手術を行います。

ホームドクターからのアドバイス

・連続する作業時は適度に休憩し、ストレッチなどで柔軟性を高めたり、血流を改善しましょう。

もっと調べる

参考リンク

日本整形外科学会 病気・症状をしらべる 手・指の症状、手関節の症状 ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)

日本手外科学会 ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)

初診に適した科

整形外科

頼りになる病院

かかりつけ医を持ちましょう。
まずはお近くのかかりつけ医の先生にご相談ください。
北信

長野市 篠ノ井総合病院

長野市 長野市民病院

東信

小諸市 浅間南麓こもろ医療センター

佐久市 佐久総合病院

中信

安曇野市 安曇野赤十字病院

池田町 あづみ病院

松本市 相澤病院

松本市 松本医療センター

松本市 松本市立病院

南信

飯田市 飯田市立病院

岡谷市 岡谷市民病院

諏訪市 諏訪赤十字病院

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。