あせも

どんな病気

あせもは、医学用語では汗疹(かんしん)と呼ばれます。
汗を出すための管が詰まって、汗の正常な排出が妨げられることで起こる皮膚の炎症です。
赤い発疹があらわれて、かゆみを伴います。

原因

高温多湿の環境で大量の汗をかくことが原因で起こります。

大量に汗をかいたまま放置しておくと、汗に含まれる塩分やほこりなどで汗を出す管がふさがれます。
行き場のない汗が皮膚の中にたまって周囲の組織を刺激することで、発疹ができます。

また、汗自体によって、皮膚がかぶれた場合も、あせもと呼ばれます。

症状

• 赤いブツブツ
• 強いかゆみ
• チクチクした軽い痛み
かゆさのあまり掻きこわすと、炎症が広がって化膿してとびひになってしまうこともあります。

あせもができやすい場所は、汗をかきやすく、ムレやすい場所です。

• 頭や首のまわり

• 肘の内側や膝の裏側
• 脚の付け根やお尻
• 乳幼児ではオムツをあてている部分

湿布や包帯、通気性の悪い衣類の着用や、高温多湿の環境もあせもができやすくなります。

検査

皮膚の状態や症状から診断します。

治療

• 肌を清潔に保つようにします。
• 通気をよくして、汗をかかない環境で過ごします。
• 炎症を抑えるステロイド薬などの抗炎症作用のある薬や
抗アレルギー剤の内服をします。

通常は数日で改善します。

 

ホームドクターからのアドバイス

予防

• 汗をかいたままにしないことが大切です。
タオルなどで拭く、着替える、
お風呂やシャワーで洗い流すなど、
肌を清潔な状態に保ちましょう。

• 体温調節がしやすいように、衣服を工夫しましょう。

• 肌の乾燥も、あせもの原因となります。
シャワーや入浴後に保湿剤を使用して、肌の潤いを保ちましょう。

• かゆみが強い場合でも、掻いてしまうと、さらに悪化してしまいます。
掻かないように気を付けて、
かゆみが強い場合には、かゆみ止めなどを使用しましょう。

• お子様はかゆみを我慢できず、とびひなどに発展してしまう場合もあります。
周囲の大人が気を付けてあげてください。

もっと調べる

参考リンク

日本医師会 白クマ先生の子ども診療所 夏の皮膚トラブル

NHK 健康ch 大人も発症するあせも

第一三共ヘルスケア ひふ研 あせも

初診に適した科

皮膚科

頼りになる病院

かかりつけ医を持ちましょう。
まずはお近くのかかりつけ医の先生にご相談ください。
北信

長野市 篠ノ井総合病院

長野市 長野松代総合病院

長野市 長野中央病院

東信

上田市 信州上田医療センター

佐久市 佐久総合病院

中信

池田町 あづみ病院

大町市 市立大町総合病院

松本市 松本医療センター

松本市 松本市立病院

南信

飯田市 飯田市立病院

岡谷市 岡谷市民病院

茅野市 諏訪中央病院

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。